宣伝・広告

SEO対策の基本 検索エンジンスターターガイド解説まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

検索エンジン最適化スターターガイド」に目を通すことはホームページを運用する人にとって登竜門とも言えます。

運用するページがGoogleの検索結果でより上位表示をさせるためにはコツコツと小さな努力が必要です。それらの努力は検索結果を向上させるだけでなく、ユーザビリティの向上ともなります。

検索エンジン最適化スターターガイドを読むことでSEO対策に関わる正しい基本情報を得ることができます。

ディームブログでは全14回に分け、検索エンジン最適化スターターガイドの全項目を解説しております。このページでは、順番に読み進めていただけるよう全14回の各解説をまとめております。

検索エンジン最適化スターターガイドまとめ

第1回から第14回まで順番にご紹介いたします。

第1回SEOの基礎 適切なページタイトルのつけ方と考え方

第1回では「適切なページタイトルを付けよう」の章に合わせて解説しております。

第1回SEOの基礎 適切なページタイトルのつけ方と考え方

ページタイトルはそのページにどんな情報を入手できるのかを知らせる大切な役割があります。
検索結果に表示され、ほとんどのユーザーはページタイトルをみて自分にとって有益な情報かどうかを判断します。
ページタイトルを見ただけでどんなページであるか判断でき、SEO対策の対象ワードが含まれているタイトルをつけましょう。

第2回SEOの基礎 ディスクリプションの設定と書き方

第2回では「descriptionメタタグを設定しよう」の章にあわせて解説しております。


第2回SEOの基礎 ディスクリプションの設定と書き方

ディスクリプションはタイトルと同様に大切な要素で、ページの要約・概要の事をいい、タイトルとともに検索結果に表示されます。タイトル同様、クリックするかしないかの判断基準となるためしっかりと最適化する必要があります。
ユーザーの目的を意識し、専門知識がなくとも理解できる文章を心掛けて記述しましょう。

第3回サイト構造の改善 親切なパーマリンクとは

第3回では「URLの構造を改善しよう」の章に合わせて解説しております。

第3回サイト構造の改善 親切なパーマリンクとは

パーマリンクとはページのURLのことで、いわばweb上の住所です。
ユーザーとクローラーにとって親切なURLは短く説明的なURLです。
長く複雑で無意味な文字列の場合、ユーザーへ不信感を与えたり、コピー&ペーストしにくいものとなります。
URLはコンテンツの内容に関連させ、短くしましょう。

第4回サイト構造の改善 パンくずリストを整理しよう

第4回では「ナビゲーションをわかりやすくしよう」の章に合わせて解説しております。

第4回サイト構造の改善 パンくずリストを整理しよう

ホームページは階層構造になっていて階層毎にURLが表示されています。
この階層が複雑になればなるほどユーザーはホームページを回遊しづらくなります。
各ページにぱんクズリストを設定することで回遊性を向上させることができます。

第5回コンテンツの最適化 質の高いコンテンツを提供しよう

第5回では「質の高いコンテンツを提供しよう」の章にあわせて解説しております。

第5回コンテンツの最適化 質の高いコンテンツを提供しよう

質の高いコンテンツを作ることはSEO対策において最も必要なことです。
質の高いコンテンツとはユーザーにとって有益な情報のことです。
誰のためのコンテンツであるかを念頭に置き、有益なコンテンツを作ることが大切です。

第6回コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう

第6回では「適切なアンカーテキストを書こう」の章にあわせて解説しております。

アンカーテキストとSEO

コンテンツタイトル

アンカーテキストとはリンクが設定されたテキストのことです。

クローラーはリンク先のページがどんなコンテンツであるかまで判断します。

アンカーテキストを最適化することでクローラー、ユーザー双方に親切なページとなります。

第7回コンテンツの最適化 画像の利用を最適化しよう

第7回では「画像の利用を最適化しよう」の章にあわせて解説しております。

画像を最適化しよう

コンテンツタイトル

コンテンツを構成する上で画像は重要な要素となります。
SEO対策において画像の最適化は基本です。
画像のみを検索するユーザーもいるため、ページで使っている画像から流入することもあります。

全ての画像を正しく最適化しましょう。

第8回コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう

第8回では「見出しタグを適切に使おう」の章にあわせて解説しております。

第8回コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう

見出しタグはユーザにコンテンツの構成や重要度を伝えるための大切な役割を担っています。
見出しはタイトルの付け方と同様に、見出しを見ただけで内容が把握でき簡潔である必要があります。
EO対策をする上で見出しタグの正しい知識は必要となります。

第9回クローラーへの対処 robots.txt を効果的に設定しよう

第9回では「robots.txtを効果的に設定しよう」の章にあわせて解説しております。

robots.txtを設定しよう

第9回クローラーへの対処 robots.txt を効果的に設定しよう

robots.txtとは、クローラーにクロールしてほしいページとそうでないページを伝えるファイルです。
クローラーがクロールできるページ数はドメインごとに決まっています。
より価値の高いコンテンツを効率よくクロールしてもらうために、robots.txtを最適化しましょう。

第10回クローラーへの対処 リンクにnofollow属性を活用しよう

第10回では「リンクにnofollow属性を活用しよう」の章にあわせて解説しております。

第10回クローラーへの対処 リンクにnofollow属性を活用しよう

nofollow属性とは、クローラーに対し、このリンクをたどらないように指示することです。
信頼性が無いページ、または不明なページへリンクさせなければならないときに設定します。
設定することで自分のコンテンツの評価をリンク先に渡すことなく、クローラーを最適化することができます。

第11回モバイルSEO モバイルサイトをGoogleに知らせよう

第11回では「モバイルサイトをGoogleに知らせよう」の章にあわせて解説しております。

“第11回モバイルSEO モバイルサイトをGoogleに知らせよう”

ここで紹介するモバイルとはガラケーと呼ばれる一般的な携帯電話のことです。
GoogleはスマホやタブレットからのアクセスはPCからのアクセスと同じ扱いをしています。
モバイル専用のページを構成している場合はGoogleに宣言しましょう。

第12回モバイルSEO 携帯ユーザーを適切に誘導しよう

第12回では「携帯ユーザーを適切に誘導しよう」の章にあわせて解説しております。

“第12回モバイルSEO 携帯ユーザーを適切に誘導しよう”

ここでは、ユーザーが使用するデバイスに合わせ、正確に誘導するためのリダイレクトについてご紹介しています。
リダイレクトとは、自動的に他のページへ転送することです。
便利である一方、正しく最適化を行わなければ違反行為となり、googleからペナルティを受ける場合もあります。
規約をしっかりと確認しましょう。

第13回プロモーションと分析 正しい方法でサイトを宣伝しよう

第13回では「正しい方法でサイトを宣伝しよう」の章にあわせて解説しております。

第13回プロモーションと分析 正しい方法でサイトを宣伝しよう

正しい宣伝方法でホームページを宣伝しなければスパム行為やブラックハットなどの違反行為を気づかずに行ってしまう場合があります。
ここでは良質なコンテンツをSNSを使って拡散することをご紹介しています。
ホームページはSNSととても相性のいい媒体です。
上手に組み合わせてより多くに人の目に触れてもらいましょう。

第14回プロモーションと分析 便利なツールを活用しよう

第14回では「便利なツールを活用しよう」の章にあわせて解説しております。

第14回プロモーションと分析 便利なツールを活用しよう

SEO対策を行うためには、自分のホームぺージの状況をしっかりと把握しなければなしません。
Googleが提供するアナリティクスとサーチコンソールは必須ツールです。
正しく使い分け、ホームページの状況を分析し、効率よく対策しましょう。

まとめ

Googleの検索エンジン最適化スターターガイドにはホームページを運用する際に必要な基本情報が詰まっています。
発行から数年たっているためすでにサービスが変更されているツール等もあるためご注意ください。
(変更になっているツールは第14回で解説しております。)

読者限定の無料特典:利益を最大化させるブランディングのススメe-book

マーケティングだけじゃない。これからの戦略に必要不可欠なブランディング。

そんなブランディングのやり方を徹底解説!ブランディングの必要性からブランディングをしないとどうなるの?という疑問まで全てに答えたスタートブック。

始め方や考え方までを凝縮した一冊!これ一冊でブランディングの基礎を作ることができます。

ダウンロード特典:分析調査用シート各種付き

E-book詳細&ダウンロード

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)