宣伝・広告

第1回SEOの基礎 適切なページタイトルのつけ方と考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは。突然ですが、Google検索エンジン最適化スターターガイドをご存知でしょうか。
ユーザーと検索エンジン双方にやさしいサイトを構築しようとしている人向けに公開しているPDFなのですが、
これを読めばSEOの基本や検索エンジンの仕組みを理解することができます。

この記事はより理解を深めるための一助として各章ごとに解説をしてまいります。

検索エンジン最適化スターターガイドはこちら

全14回に分けて解説しています。サイト運営者の方、また弊社で納品をしたHP所有の皆様のサイト運営の一助となればと思います。

今回は検索エンジン最適化スターターガイドの「適切なページタイトルを付けよう」の章に合わせて解説していきます。

適切なページタイトルとは?

適切なページタイトルとは何でしょうか。ホームページで使用されるページタイトルは検索結果や表示しているページ上部に掲載されます。

つまり対象のページは何の事が書かれているページであるのかを適切に伝える役割を持っています。

どこに書けばよいのか?

ページタイトルの指定の仕方は<head>タグ内にある<title>タグで指定してあげましょう。

 

<title>茨城県古河市のデザインブランディングはDiant(ディアント) | ホームページ制作、デザイン</title>

 

上記の様にサイトのトップページには会社名や所在地、主要な取扱商品やコンテンツを含めましょう。

ワードプレスのトップページタイトル記述

【外観】→【カスタマイズ】→【サイト基本情報】から変更できます。

ワードプレスの場合プラグインの「All in One SEO Pack」でも設定が可能です。

All in One SEO Packの詳しい設定方法は「必須プラグインAll in One SEO Packの設定と使い方」をご覧ください。

 

どこに表示されるのか?

先ほどの解説した通り検索結果やページ上部に表示されます。

検索結果にも表示されるという事はクリックするかしないかの判断基準にもなるという事です。

「何かを知りたい」と思い検索したユーザーが検索ワードに対してページタイトルを主に基準として自分が知りたい情報が載っているかどうかを判断するわけですから、力を入れるべき部分の一つですよね。

 

何のページなのかを適切に伝える。

ページタイトルの概要を理解した上で、どの様な書き方をすればよいのかについて考えていきましょう。

 

対象のキーワードを含める

特定の検索ワードで検索をし、検索結果に表示されるページのタイトルに検索ワードが含まれているページは全体の約9割ともいわれています。

このページはどんな検索ワードで検索した人に対して有益な情報なのかについてしっかりと考えてみましょう。

ケーキの作り方と美味しいケーキ屋さんの情報は同じケーキですが知りたい情報は異なります

分かりやすい例で説明をしていますが、実際は微妙な言葉のチョイスが対象の検索ユーザーにヒットするか否かが分かれるといっても過言ではありません。

注意点として詰め込み過ぎには注意をしましょう。

一つのページに対して伝えられる情報はそこまで多くありません。

 

タイトルの長さは20~28字以内

記事タイトルの目安としては20~28以内を目安としましょう。

検索結果に表示される文字数は30字程度です。

これ以上になると「…」と表示されてしまうため理想の文字数としては表示される文字数以内です。。

 

検索ワードとの整合性

検索ワードと対象のページとの整合性も重要です。タイトルは的確だが中身がずれてしまっている。

調べたいワードに対してそのページを見ても解決しない。なんてことがないようにしつこいくらい丁寧に説明したページ作りを心がけましょう。

 

まとめ

  • タイトルに対象のキーワードを含めよう。
  • 文字数は20~28字以内
  • 簡潔で説明的なタイトルが理想
  • 検索ワードに対して「知りたい」を解決できているのか。
  • ページタイトルはクリックするかしないかの判断材料

タイトルを見ただけで何のページかわかるようなタイトルにしましょう。

タイトルが長すぎると検索結果には一部しか表示されないので注意しましょう。
次回は「第2回SEOの基礎 ディスクリプションの設定と書き方」を解説いたします。

 

あとがき

 

ブランディング同様、SEO対策は積み重ねて成果を出すもの。

 

SEO対策とはそもそもなんでしょうか?

SEO(search engine optimization)サーチエンジンオプティマゼーションの略です。
和訳すると「検索エンジン最適化」検索エンジンの順番を決めているのはクローラーと呼ばれるロボットです。
そのロボットにこのホームページはこういうホームページなんですよ!と教えてあげる技術がSEOです。

検索順位を決めるクローラーの役割は、

 

ユーザーがほしいと思った情報を的確に表示してあげることこそがクローラーの役目であります。

 

SEO対策とは一撃で任意のホームページを上位にあげる技ではなく、日頃の積み重ねが検索結果として反映されると心得ておきましょう。

 

読者限定の無料特典:利益を最大化させるブランディングのススメe-book

マーケティングだけじゃない。これからの戦略に必要不可欠なブランディング。

そんなブランディングのやり方を徹底解説!ブランディングの必要性からブランディングをしないとどうなるの?という疑問まで全てに答えたスタートブック。

始め方や考え方までを凝縮した一冊!これ一冊でブランディングの基礎を作ることができます。

ダウンロード特典:分析調査用シート各種付き

E-book詳細&ダウンロード