宣伝・広告

第7回コンテンツの最適化 画像の利用を最適化しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
画像を最適化しよう

こんにちは。突然ですが、Google検索エンジン最適化スターターガイドをご存知でしょうか。
ユーザーと検索エンジン双方にやさしいサイトを構築しようとしている人向けに公開しているPDFなのですが、これを読めばSEOの基本や検索エンジンの仕組みを理解することができます。

この記事はより理解を深めるための一助として各章ごとに解説をしてまいります。

検索エンジン最適化スターターガイドはこちら

全14回に分けて解説しています。サイト運営者の方、また弊社で納品をしたHP所有の皆様のサイト運営の一助となればと思います。

今回は検索エンジン最適化スターターガイドの「画像の利用を最適化しよう」の章にあわせて解説をしていきます。

 

画像の最適化はSEO対策の基本

ホームページ全体の雰囲気を決める要素として画像はとても重要です。
SEO対策においても、画像の最適化は基本であり重要です。

検索エンジンには画像検索があります。
画像を正しく最適化することで、画像からの流入も可能です。:
今回は、ユーザー、クローラー双方に親切な画像の最適化についてご紹介します。

 

画像に設定できる2つの要素

画像には個別に設定できる2つの要素があります。
それぞれ簡単な要素ではありますが、最大限に活用しましょう。

ファイル名

画像にはそれぞれファイル名をつけなければなりません。
クローラーはファイル名も認識します。

HTML上での表示
<img src=”http://deme.ds-diant.com/パス/ファイル名.jpg” alt=”アンカーテキスト” />

alt属性

代替えテキストとも呼ばれており、リンク切れ等、万が一画像が表示されない場合、
画像の代わりに表示されるテキストとしてalt属性を設定できます。

画像が表示されない場合
ここに設定したテキストが表示されます。
HTML上での表示
<img src=”http://deme.ds-diant.com/パス/ファイル名.jpg” alt=”ここに設定したテキストが表示されます。” />
画像をリンクにする場合、アンカーテキストとしてクローラーに認識されます。

アンカーテキストについては
第6回コンテンツの最適化 適切なアンカーテキストを書こう 」をご覧ください。

 

画像を最適化する

ファイル名、alt属性を使って画像を最適化しましょう。
ホームページで使用する画像全てに適応すべき作業です。

ファイル名を最適化する

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像は、「IMG0001」等のファイル名が自動で付きます。このままではクローラーは画像の内容が何なのか全く理解できません。

補足程度に内容に関係するファイル名にしましょう。
ファイル名は「-」等の記号は使わず、「かな」ではなく、「英数字」で設定します。
例えば、下記のような画像であれば

筒に入った猫

「neko.jpg」と設定します。

 

alt属性を最適化する

alt属性はアンカーテキストと同様な考え方で最適化します。
画像で何を伝えたいのかを簡潔にテキストにしましょう。

上記画像にalt属性を設定します。

HTML上での表示
<img src=”http://deme.ds-diant.com/パス/neeko.jpg” alt=”筒に入った猫” />
画像が表示されない場合
筒に入った猫

万が一、画像が表示されない場合、画像の代わりにテキストで画像の内容をユーザー、クローラー双方に伝えることができます。

 

画像は1つの画像専用ディレクトリに保存する

画像複数のディレクトリに分散させて保存するのではなく、一つのディレクトリに
まとめて保存するようにしましょう。

画像専用のディレクトリにまとめて保存することにより、画像へのパスを簡潔にすることができます。

 

一般的なファイル形式にする

画像は、一般的にサポートされている形式を使いましょう。

jpeg、png、gif、bmpは一般的にサポートされています。

 

まとめ

  • ファイル名は画像の内容に関連するファイル名にする。
  • alt属性はアンカーテキストの役割がある。
  • alt属性は画像で何を伝えたいかを簡潔にテキストにする。
  • 画像専用のディレクトリを作成し、まとめて保存する。
  • 一般的なファイル形式を使用する。

次回は「第8回コンテンツの最適化 見出しタグを適切に使おう」です。

あとがき

ブランディング同様、SEO対策は積み重ねて成果を出すもの。

SEO対策とはそもそもなんでしょうか?

SEO(search engine optimization)サーチエンジンオプティマゼーションの略です。
和訳すると「検索エンジン最適化」検索エンジンの順番を決めているのはクローラーと呼ばれるロボットです。
そのロボットにこのホームページはこういうホームページなんですよ!と教えてあげる技術がSEOです。

検索順位を決めるクローラーの役割は、

ユーザーがほしいと思った情報を的確に表示してあげることこそがクローラーの役目であります。

SEO対策とは一撃で任意のホームページを上位にあげる技ではなく、日頃の積み重ねが検索結果として反映されると心得ておきましょう。

読者限定の無料特典:利益を最大化させるブランディングのススメe-book

マーケティングだけじゃない。これからの戦略に必要不可欠なブランディング。

そんなブランディングのやり方を徹底解説!ブランディングの必要性からブランディングをしないとどうなるの?という疑問まで全てに答えたスタートブック。

始め方や考え方までを凝縮した一冊!これ一冊でブランディングの基礎を作ることができます。

ダウンロード特典:分析調査用シート各種付き

E-book詳細&ダウンロード

コメント

コメントを残す

*