宣伝・広告

Googleアナリティクスの導入と準備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Googleアナリティクスの導入と準備

ホームページ運用必須ツールGoogleアナリティクスの導入方法についてご紹介します。

導入と合わせて、ブラウザにも導入を勧めたいプラグインについてご紹介します。

GoogleAnalytics(アナリティクス)導入方法

導入手順は以下の3STEPです。
とても簡単に導入できます。

  • アナリティクスの使用申し込み
  • トラッキングコードの入手
  • トラッキングコードの設置

トラッキングコードの設置はホームページの制作方法、ブログの運営会社によって異なります。
この記事ではワードプレスにトラッキングコードを設置する方法をご紹介します。

ブログについては運営毎に指定されたトラッキングコードの設置方法をご確認ください。

アナリティクスの使用申し込み

STEP1 Googleアカウントの取得

アナリティクスの使用を申し込むにはGoogleアカウントを取得する必要があります。

2017年版Googleアカウント取得方法

2017年版Googleアカウント取得方法を参考にアカウントを取得しましょう。

 
STEP2 アナリティクスに申し込む

Googleアナリティクスにアクセスします。

Googleアナリティクス

アナリティクスにログインする

ログインをクリックします。

Googleアナリティクスをクリックします。

アナリティクスの申し込み

お申し込みをクリックします。

トラッキングコードの入手

お申し込みをクリックすると入力画面に変遷します。

トラッキングコードの入手

必要事項を入力し、「トラッキングIDを取得」をクリックする。

必要事項の設定について

アカウント名 自由に決めることができます。
会社名、氏名、ニックネーム等
ウェブサイト名 ホームページ名、ブログ名を入力します。
ウェブサイトのURL http://以降のURLを入力します。
例)sample.com
業種 あなたのホームページの内容に最も近い業種を選択してください。
レポートのタイムゾーン 日本を選択する。

データの共有はデフォルトのままで問題ありません。

2種類のトラッキングコード

トラッキングコードを入手しました。

トラッキングコードは2種類(A、B)あり、設置方法によって使い分けます。
ワードプレスの場合、トラッキングコードの設置方法は2通りあります。

 

トラッキングコードの設置方法

ワードプレスへトラッキングコードを設置します。

先ほど、2種類(A、B)のトラッキングコードを取得しましたが以下のように使い分けます。

A:「All in One SEO Pack」というプラグインを使用してトラッキングコードを設置する場合
B:プラグインを使用しないでトラッキングコードを設置する場合

ワードプレス以外でホームページやブログを構築した場合、「B」のトラッキングコードを使用します。

この記事では、ワードプレスへトラッキングコードを設置する方法をご紹介します。
A、B両方とも解説していきます。

 

All in One SEO Pack を使用する場合

まずは プラグインのインストールします。

All in One SEO PackはワードプレスでSEO対策する際、必須となるプラグインです。
 

必須プラグインAll in One SEO Packの設定と使い方

必須プラグインAll in One SEO Packの設定と使い方で詳細を紹介しています。
まだインストールしていない場合はインストールしましょう。

 
次に、All in One SEO Pack にトラッキングコードを設置します。

All in One SEO Packのインストールが完了するとメニューにAll in One SEO Pack が追加されます。

All in One SEO Pack の設定

All in One SEO Pack → 一般設定をクリックします。
設定画面へ変遷します。

スクロールしていくとGoogle設定の項目が表示されます。

使用するトラッキングコード
GoogleアナリティクスIDの欄にトラッキングコードAをコピーし、ペーストします。

設定完了

設定完了をクリックし、トラッキングコードの設置が完了します。

 

All in One SEO Packを使用しないでトラッキングコードを設置する方法

もう一つのトラッキングコード設置方法をご紹介します。
All in One SEO Packを使用しない場合、記述ファイルを書き換える必要があります。
記述中、</head>の前にトラッキングコードBを貼り付けます。

 

テーマ編集

メニュー → テーマ → テーマ編集をクリックします。

テーマ編集画面に変遷します。

テーマ編集画面

右に編集するファイル一覧が表示されています。
テーマヘッダー(header.php)、またはヘッダー(header.php)をクリックします。

ヘッダー編集画面に変遷します。

ヘッダー編集画面

</head>を見つけその上を改行してスペースをつくります。

トラッキングコードBをコピーする。

トラッキングコードをコピーする

ヘッダー編集画面に戻り改行した場所に貼り付ける。

ヘッダーphpに貼り付ける

ファイルを更新をクリックします。

ヘッダーphpを更新する

これでトラッキングコードの設置が完了します。

 

トラッキングコードを設置する際の注意点

ワードプレスで構築したホームページにトラッキングコードを設置する方法は2つありましたが、
必ずどちらか一つの方法のみを実行してください。

どちらも実行してしまうと、ホームページ内にトラッキングコードが二つある状態になり、
アクセス数等のデータが2倍になるなどの不具合を生じさせます。

また、データの反映には1日から2日ほど時間を要します。
時間がたってもデータが表示されない場合、トラッキングコードの設置が正常に行われていない場合があります。
再度ご確認していただき、やり直してみてください。

 

アクセス解析を始める前に準備しておきたいもの

アナリティクスの導入が完了し、いよいよアクセス解析がはじまります。
が、その前に簡単に準備しておきたいものがあります。

ブラウザとブラウザのアドオンです。
この章ではアクセス解析をする上で最適な下記のブラウザとアドオンについて簡単にご紹介します。

  • Google Chrome (ブラウザ)
  • オプトアウトアドオン (アドオン)

 

Google Chrome

Google Chrome

Google ChromeはGoogleが提供しているインターネットブラウザです。

当然といえば当然ですが、Googleのサービスであるアナリティクスとの相性が良いです。

今後、アナリティクスを利用するためのメインブラウザにすることをオススメします。

 

オプトアウトアドオン

オプトアウトアドオン

Google Chromeをインストールしたらつづけてインストールをオススメするのが
オプトアウトアドオンです。

アナリティクスは管理者が自分のホームページにアクセスした場合も有効なデータとしてカウントしてしまいます。

これでは正確なデータとは言い難いと思います。
このオプトアウトアドオンをインストールしておくだけで、インストールされたブラウザからのアクセスをアナリティクスがカウントしないようにしてくれます。

アクセス解析をより正確に行うために、ぜひインストールしておきたいと考えています。

読者限定の無料特典:利益を最大化させるブランディングのススメe-book

マーケティングだけじゃない。これからの戦略に必要不可欠なブランディング。

そんなブランディングのやり方を徹底解説!ブランディングの必要性からブランディングをしないとどうなるの?という疑問まで全てに答えたスタートブック。

始め方や考え方までを凝縮した一冊!これ一冊でブランディングの基礎を作ることができます。

ダウンロード特典:分析調査用シート各種付き

E-book詳細&ダウンロード

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)