オウンドメディア

魅力と価値を最大化ブランディングに最適なサイト制作とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現代のブランディングには自社サイトやブランディングサイトは欠かせません。

インターネットを介して認知度アップや集客など様々な施策を取ることができます。

ではブランディングにはどの様なサイトであればよいのでしょうか。

ブランディングを重視した上でのサイトのポイントやホームページが果たす役割について解説をしてまいります。

サイトの役割

まずはホームページの役割を明確にしていきましょう。

ホームページは大きく分けて認知・集客・告知の役割があります。

ホームページには認知・集客・告知の3つの役割がある

認知

お店の看板を見て、口コミを聞いて、SNSなどのネット上情報からなど、ぼんやりとその存在を知っているユーザーに対して明確な認知をしてもらうための役割があります。

飲食店であれば、メニューやお店の雰囲気、会社であればサービス内容などが該当します。

また求職者は会社の雰囲気や経営理念などを確認するためにアクセスするケースもあります。

集客

前知識ゼロの状態のユーザーを任意のキーワードでアクセスしてもらいその存在や需要を明確にしてもらう役割となります。

サイト内のユーザビリティ(使いやすさ)探している情報の密度などが関連していきます。

 

特定のキーワードで検索順位を上げるSEO対策などが必要となります。

検索キーワードに対して、疑問やお悩みをいかに解決する情報を提供できるかにより検索順位が決まると考えておきましょう。

 

告知

すでに店舗や会社の存在を知っているユーザーが、イベントやキャンペーンの告知内容を確認するためにアクセスする役割を指します。

ここではイベントやキャンペーンの質も重要でありますが、参加したくなるような全体の雰囲気(ブランディング)も重要となります。

 

一般にネットショップと呼ばれるECサイトは認知や集客を経てサイト内で購買まで完結させるための導線が必要となります。

サイトの活用法

オンラインとオフラインの組み合わせが重要

それぞれの役割を持ち、ユーザーはインターネットからアクセスをしますが、アクセス動機はSNSや検索以外からも考えられます。

例えば名刺やチラシなどの営業ツールなどでホームページアドレスを記載しコミュニケーションで捕捉をしアクセスをしてもらうなどの方法があります。

サイトを活かすためには、インターネット上と縛らずオンラインとオフラインを上手に組み合わせる必要があります。

どの様な使い方をするべきか

サイト内にどこまで情報を載せるべきなのかと考える方もいらっしゃいますが、前知識ゼロのユーザーが購買またはお問い合わせまで何の不安もなくサイト内で完結する事が理想です。

お店に来訪すればスタッフに聞くことで解決しますが、インターネット上ではそうもいきません。

想定できる不明点や実際にサイトを利用した人のフィードバックなどを参考に漏れなくサイト上に反映させていく必要があります。

優秀なホームページは、万能なスタッフの役目を果たすユーザビリティと会社・店舗の魅力を伝えるために必要な情報がすべて詰まっていることが条件となります。

混乱を避けるために

一つのホームページ内に販売・紹介・ブランディングなど全てを完結させようとしているものが見受けられます。

導線や区分けがしっかりできていればよいですが、多くのホームページはユーザーを混乱させてしまいかねない構造になっています。

多くの目的を一つのホームページに詰め込むことで以下の様な問題が生じやすくなります。

  • 選択肢が多すぎて迷ってしまう。
  • 何を伝えたいのか分からない。
  • ユーザー自身が現在地を見失い迷ってしまう。
  • 全てをくまなく見るわけでないので見落としが起こる。
  • 分かりずらさなどのストレスによりマイナスな印象になりやすい。

これらの混乱を避ける方法としてはホームページは一つの目的に絞る事をおすすめします。

目的別ホームページの種類は大きく分けて5つあります。

ホームページの目的は大きく5つに分けられます。

  • 会社・店舗を紹介するコーポレートサイト
  • 魅力・価値を広げるブランディングサイト
  • 求職者を対象とした求人・採用サイト
  • イベントなどで一定期間のみ解説するキャンペーンサイト
  • インターネット上で販売を行うECサイト

目的別に分けて、何を伝えユーザーにどんなアクションを起こしてほしいのかを明確にした運用の仕方をおすすめします。

サイト制作

自社の目的や狙いにそったホームページを製作する際に制作会社などへ外注するケースが一般的です。

最近では無料で簡単に作れるホームページ制作サービスなどもありますが、プロの意見を聞きながら進めていく事をおすすめします。

ですが上手く想いや意志を伝えないと良いホームページを作れません。

サイト制作に必要な最低限明確にしておくべきポイントを解説します。

誰に何をどのように伝え、何を得るのか

まず何のためのホームページなのかを明確にしましょう。

さらにはそのホームページの目的やホームページを介して何を得たいのかを決めておきましょう。

コンセプトやストーリーを見直そう。

自社のコンセプトや経営理念を元に、ホームページに活かせるものへと改良・修正をしてみましょう。

難しい言葉を並べるよりもユーザーにとって分かりやすい内容のものにすると反応も良くなります。

イメージカラーやロゴシンボル

ホームページを製作するのであれば、会社や店舗のロゴやイメージカラーを決めておくようにしましょう。

ロゴシンボルやイメージカラーを決めておくことでホームページのメッセージ性などがより一層明らかとなり理解度も深まります。

すべての要素で伝えよう。

先ほどもお伝えしましたが、ホームページの目的は一つです。

目的へと向かい、ユーザーを迷わせず魅力や価値を感じてもらう方法を模索しなければなりません。

それには各ページから次のアクション(次にユーザーに撮ってもらいたい行動)を明確にしておくようにしましょう。

ペルソナを作ろう

サイト制作を目的に沿って進めるためには誰に向かって情報を発信するかが重要となります。

自社の圧倒的なファンとなる人物像はどんな人物なのかを洗い出してその人の為に制作する意気込みで制作に取り掛かりましょう。

 

サイト運営

サイト運営には、SNSや分析ツールが欠かせません。

サイトを製作しそれで終わりという事はありません。

ホームページはいかに分析や調査を繰り返し、どんな情報を発信していくべきなのか

情報発信ツールはSNSなどのサービスがあります。

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどSNSの特徴と業種に合わせて力を入れてみましょう。
例:ファッション・飲食店などは画像を中心とした投稿を心がける等。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ブランディングに最適なホームページのポイントは以下のまとめとなります。

  • ホームページは大きく3つの役割がある
  • ユーザーを迷わせてはいけない
  • ホームページは一つの目的に絞る
  • 用途に合わせてホームページは使い分けていく
  • オンラインとオフラインを上手に組み合わせてさらなるアクセスアップを狙いましょう

読者限定の無料特典:利益を最大化させるブランディングのススメe-book

マーケティングだけじゃない。これからの戦略に必要不可欠なブランディング。

そんなブランディングのやり方を徹底解説!ブランディングの必要性からブランディングをしないとどうなるの?という疑問まで全てに答えたスタートブック。

始め方や考え方までを凝縮した一冊!これ一冊でブランディングの基礎を作ることができます。

ダウンロード特典:分析調査用シート各種付き

E-book詳細&ダウンロード

コメント

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)